木橋資料館
リュムランクのグラット橋
Glattbrücke bei Rümrang
 Zürich国際空港の敷地に沿って流れるGlatt川にかかっています。目の前は空港関係の施設があり、そのための道路橋もすぐ脇にかかっています。そのため、重量が3.5t、高さが2.9mと制限されていても特に支障はありません。設計者はJohannes Grubenmannで弟Hans Ulrich Grubenmannも著名な木橋技師です。曲がり材を上手に用いたアーチ橋ですが、典型的なハウトラス橋と見ることもできます。
pic01
この背面はチューリッヒ・クローテン空港
pic02 pic03 pic04 pic05 pic06 pic07 pic08 pic09 pic10
所在地
Location
Zürichの北約7km/Glatt川
S5のGlattbruggまたはS7のOpfikon から北北西へ約2km
 Zürich HBから3駅10~12分 
Zuerich国際空港の敷地西側に隣接
ターミナルから南西に1km 実距離は3km
(47°26' 37''N,8°33' 00''E)
形式
Type
トラス補強アーチ橋 屋根付き
諸元
Dimension
橋長:28m
支間: 単径間
有効幅員:4.8m
用途・設計荷重
Service
車道3.5t(高さ制限2.9m)
竣工
Completion Date
1766年
その他
Other Info
福岡大学工学部社会デザイン工学科橋と耐震システム研究室 All Rights Reserved Vol. Counter