木橋資料館
ジンスのロイス橋
Reussbrücke bei Sins
 35mの2径間ですが、ひとつはアーチ、もうひとつはトラス形式という不思議な橋です。そもそもの橋は1640年に架けられましたが、1807年にLuzernの木橋技師Josef Ritterにより2径間のアーチ橋が架けられました。1824~26年にはアーチ材がトラスで補強されました。ところが東側のひとつは1847年に戦禍により破壊されたため、1852年にWinterturの技師Johann Schalcherによりトラス形式として再建されたということのようです。1991年以降には横桁の補強や集成材への交換、プレストレス木床版への更新等の改修が行われています。すぐ南側に幹線道路25号線の橋があり、現在主要な交通路はこちらに切り替わっています。
pic01 pic02 pic03 pic04 pic05 pic06 pic07 pic08 pic09 pic10 pic11 pic12 pic13 pic14 pic15 pic16 pic17 pic18 pic19 pic20 pic21 pic22 pic23 pic24 pic25
南側の幹線道路25号線の橋の上から
所在地
Location
Sins駅の南東150m Zugerstrasse/Reuss川
SinsへはZürich HBから35分のRotkreuz乗り換えLenzburg方面行き7分 または20分のLenzburgからRotkreuz方面行き33分
 Sinsを経由するRegioは1時間に1本
(47°11' 11''N,9°24' 02''E)
形式
Type
アーチ橋 トラス橋 屋根付き
諸元
Dimension
橋長:70m
支間:2径間 2@30.8m
用途・設計荷重
Service
歩道
竣工
Completion Date
1640年,1807年(1852年改修)
その他
Other Info
福岡大学工学部社会デザイン工学科橋と耐震システム研究室 All Rights Reserved Vol. Counter