木橋資料館
ブレムガルテンのロイス橋
Reussbrücke in Bremgarten
 元々は1281年に架設された古い木橋ですが、1434年に火災により焼失してしまいました。その後1544-49年に橋脚が木製から石積みに変更して再建されました。現在の橋は1957年の全面改修によるもので、元来トラス橋であったものが集成材によるアーチ橋に変更されています。最近では1997年にカバー材が改修されました。途中の礼拝堂は1549年の改修にあわせて設置されたものです。
pic01 pic02 pic03 pic04 pic05 pic06 pic07 pic08 pic09 pic10
ロイス橋のすぐ上流の鉄道橋
所在地
Location
BremgartenはZürichの西約15kmにあるAargau州の小さな町
BremgartenへはZürich HBからDietikon経由S12~S17で41分
 下車後電車の進行方向へ進むと5分でロイス川 そこから見えている
(47°21' 00''N,8°20' 25''E)
形式
Type
アーチ橋 屋根付き
諸元
Dimension
橋長:49.2m
最大支間:14.05m 木橋3径間+PC橋1径間
用途・設計荷重
Service
車道
竣工
Completion Date
1544年(1549,1953-57,1997改修)
その他
Other Info
福岡大学工学部社会デザイン工学科橋と耐震システム研究室 All Rights Reserved Vol. Counter