木橋資料館
ツォールハウス橋
Zollhausbrücke bei Erl
 ドイツとオーストリアの国境となっているInn川を跨ぐ木橋です。左岸側はドイツNiederaudorfの町はずれですが橋の名前にもなっているErlは右岸側から約1.5kmも離れています。左岸側はアウトバーンA93/E45/E60号線のすぐそばで、走行する車内からも見渡せるはずです。この橋に限らずですが、1月初旬の極寒の日でもジョギングや散歩をする人が頻繁に行き交うという日本では信じがたい光景も見られます。帰りのバス待ちで凍えていた私はErlからOberaudorfに行くという女性2人に最寄りの駅まで案内していただききました。入り口に100周年という看板が掲げられてはいますが、橋は集成材を用いた近代的なワーレントラスです。Zollhausとは税関のことで、オーストリア側にある建物が元税関のようです。橋の起源ももっと古いのでしょう。軽車両も通行できる仕様のようですが、歩道用として使用されています。
pic01 pic02
左側がオーストリア 右がドイツ
pic03 pic04
4カ所に横荷重用のフレームがあります。カモフラージュする気は全くないようです。
pic05 pic06 pic07 pic08
国境を示すサイン
pic09
所在地
Location
Oberaudorf(ドイツ)~Erl(オーストリア)/Inn川
Oberaudorf駅の北東約1.3km
またはKufstein駅から4036番Erl Dorf行きで25分Erl Zollhaus下車すぐ
バスは7本休日4本
(47°39' 47''N,12°11' 04''E)
形式
Type
桁橋 屋根付き
諸元
Dimension
橋長:124m
支間:35.5+43+35.5m
有効幅員:3.3m
用途・設計荷重
Service
歩道(車道対応)
竣工
Completion Date
1991年
その他
Other Info
 
福岡大学工学部社会デザイン工学科橋と耐震システム研究室 All Rights Reserved Vol. Counter