木橋資料館
猿橋
Saruhashi
山梨県 大月市 (Otsuki, Yamanashi)
→地図 (Map)
 日本三奇矯のひとつとされる有名な橋です。支間長は23.6mですが、両岸からカンチレバーを張り出すことで実質の支間が10.9mとなっています。7世紀頃、猿が互いに体を支えあって橋を作ったのを見て造られたと言われたりしていますが、起源ははっきりしていません。1486年には橋があったとの記録がありますが形式はわかりません。ただ、遅くとも1756年には現在のような形になったようです。現在の橋は1984年の完成ですが、残念ながら主要部材は鋼材に木化粧したものになりました。
pic01 pic02 pic03 pic04 pic05 pic06 pic07 pic08 pic09
橋のすぐ下流側には旧東京電灯(現東京電力)八ツ沢発電所一号水路橋が見えます
1912年竣工のRC橋で長さ63.63m、幅5.45mの国登録有形文化財です
pic01
隣接して1934年に国道用として開通した新猿橋 現在の国道20号線にはさらに新しい橋が架けられています
pic01
近くの大月市郷土資料館にある模型
所在地
Location
山梨県甲府市丸の内/舞鶴城公園
(35°39' 39''N / 138°34' 28''E)
形式
Type
刎橋
Cantilever beam
諸元
Dimension
橋長:30.9m, 支間:23.6m, 幅員:3.3m
Length:30.9m, Span:23.6m, Width:3.3m
用途・設計荷重
Service
歩道
Pedestrian
竣工
Completion Date
1984.8(形状は1851年のもの)
福岡大学工学部社会デザイン工学科橋と耐震システム研究室 All Rights Reserved Vol. Counter